MAX2016

面倒な作業は全部Adobe Senseiにおまかせ ― Adobe MAX 2016基調講演レポート

クリエイティビティ・カンファレンス「Adobe MAX 2016」が始まりました。現地でカンファレンスに参加している弊社制作部門リーダーの石川が、基調講演で発表された内容をお伝えします。

max2016-d1-0032

Webやアプリのデザイン作業では、もっとクリエイティブに集中したいのに、まだまだ非効率で楽しくもない作業がたくさんあります。今年発表されたのはアドビのマシーンラーニング(機械学習)のエンジン「Adobe Sensei」です。日本人に一言相談してほしかったと思うネーミングですが、英語圏で日本語が世界でかっこいいと思われて使われるのであれば、悪い気はしませんね。

これはアドビの新製品名というわけではなく、裏側で人間の作業を支援するシステムの名前と理解しておけばいいと思います。これまで面倒だった作業が新機能で急に楽になった場合は、「アドビ先生が全部やってくれてるから」と言うようにしておけば間違いないです。

Adobe Senseiが似た写真を探してくれる

手元に画像が1枚あって、しかしこれは友達の写真でサイトに使うわけにはいかない。しかもその写真にはいまいちな部分があって、もっといいストックフォトを探して使いたい、というときは、Adobe Senseiに頼みましょう。

max2016-d1-0046

「こんな感じのストックフォト探して」とAdobe Senseiにお願いすれば、似た写真がすぐ見つかります。キーワードで探すという面倒な作業から開放されます。

max2016-d1-0047

元にするのは写真じゃなくても、Photoshop上での選択範囲でもOKです。とにかく「こんな感じ」というのをビジュアルで指定すれば見つけてくれます。昨年のMAXでは開発中の機能として紹介されていましたがついにリリースされたのですね。

Adobe Senseiが3Dモデルをいい感じに2Dに合わせてくれる

アドビがデザイナーに贈る、3Dワークフローの紹介です。Project Felixという名前のソフトウェアは、これまで個人や小さな会社では敷居が高かった3Dモデルと2D画像の合成を、凄く簡単に、いい感じに仕上げてくれます。

max2016-d1-0108

実はストックフォトサービスのAdobe Stockには写真やイラストだけではなく、3Dモデルも用意されています。例えばそこからペットボトルを選んで、2Dの画像と合成します。

max2016-d1-0114

写真の上に3Dモデルを置いただけでは、水平線や消失点、ライティングが一致しないので、ものすごく違和感のある写真になり、プロの作業が必要でした。

でもこれからは、Adobe Senseiに「写真に合わせていい感じに調整して」と頼みましょう。もちろんペットボトルに貼り付けるラベルもPhotoshop感覚で簡単に合成できます。

max2016-d1-0131

Project Felixでは簡単な操作で高品質なものが作れそうです。今年中にベータ版が公開される予定です。新しい3Dワークフローの提案ですね。え、何ですか?Photoshop Extended?そういう時代もありましたね・・・。

Adobe Senseiが顔の写真をパーフェクトに仕上げる

Photoshopで大人気の「なぞるだけ」の機能。モバイルアプリPhotoshop FixでAdobe Senseiに「このあたりをいい感じに補正して」と頼めば、たとえそこに髪の毛やまつげがあっても「あ、これは補正しちゃいかんところだな」と認識して、肌だけをいい感じに補正してくれます。

max2016-d1-0198

Adobe Senseiが撮りためた膨大な写真から1枚を探す

みなさん写真撮ってますか?僕は旅行に行くたびに数百枚写真が増えます。取り込んだ後にちゃんとキーワードやタグをつければいいんですが、結局面倒くさくなって、探すときに苦労します。

すべての写真をクラウドで管理して、どのデバイスからでも非破壊編集できるProject Nimbusの登場です。

max2016-d1-0200

僕のようにキーワードやタグを付けていない人でも、写真を分析して何が写っているか知っているAdobe Senseiに頼んで探してもらえばよいのです。21世紀な感じがしてきました!

写真を探すだけでなく、非常に賢い補正もやってくれます。来年からベータ版が開始されるそうです。楽しみです。

max2016-d1-0203

プロトタイピングツールAdobe XDの今後

さて、Adobe Senseiのことばかり紹介してきましたが、今回のMAXではかなりの時間をかけて、Adobe XDの現在と未来を紹介していました。アドビの気合が感じられます。

max2016-d1-0107

プロトタイピングツールの域を超えて、デザインツールの領域に入ってきているような気がします。Photoshopでは過去のしがらみが多くて実現できなかった夢の機能がこれから多く搭載されていきます。

・レイヤーやシンボルが使えるようになりました。作業効率が格段にあがります。
・シェアされたプロトタイプにコメントがつけられるようになりました。クライアントや他のデザイナーにさっと共有してフィードバックをもらえます。
・ケーブルでつないだiOSデバイスやAndroidデバイス上で、リアルタイムにデザインの変更を確認できます。保存して再読み込みする必要はありません。
・Windows版が年内にリリースされます。新しいSurfaceでもタッチやペン操作でプロトタイピングできます。
・バージョン管理ができるようになります。上書きで過去の状態が消えることがありません。簡単なスライダーの操作で、いつでも任意の時点に戻せるようになります。
・色、フォント、画像などを規定するためのスタイルガイドが自動的に作られます。
・オンラインで複数の人が同時に1つのXDプロジェクトファイルを編集できるようになります。Googleドキュメントのように、各アートボードには操作している人の名前が表示されます。

いかがでしたか?他にも多くの発表がありました。すべての人がもっとクリエイティブになれるように着実に進化しているアドビのツールとサービス、ぜひ利用してみてください。

max2016-d1-0215

 

以上、現地サンディエゴよりお伝えしました。


Author

  • Shuichi Ishikawa
    Shuichi IshikawaShuichi
    Ishikawa
  • MikasaHideyuki
    Hideyuki MikasaHideyuki
    Mikasa
Shuichi Ishikawa
執行役員/インタラクションデザイングループ

フロントエンド開発からクラウドサーバー構築まで、新しいことに興味がありすぎて時間が足りない制作部門リーダー。Adobeインフルエンサー。九州芸術工科大学→ドリームキャスト→サーバーサイド→フロントエンド→執行役員→早稲田大学大学院→Kinect v2

好きな飛行機
B787-8
好きな空港
SXM
好きな航空路
Y28
Hideyuki Mikasa
オーサリングエンジニア

mikasa's text