夢見た世界が創れちゃうかも!Dimensionで簡単に2Dから3D、そしてARへ【#AdobeMAXJapan 2019レポート】

2019.12.12

ナガシマ
こんにちは。アートディレクターなりたてのナガシマです。
Adobe MAX Japan 2019に行ってきました!!
「夢見た世界が創れちゃうかも!Dimensionで簡単に2Dから3D、そしてARへ」のセッションをレポートします。

はじめに

最近3Dのイラストやデザインをよく目にしますよね...
3D表現には興味はあるけど、それって専門的な知識が必要なんじゃないの?
と、ハードルを感じてしまって、なかなか使う機会がなかったDimension...
登壇者のお二人がデザイナーということもあり、これは3Dにお近づきになれるチャンスと思い、こちらのセッションに参戦してきました!

さらにAdobe Aeroを使えば、簡単にARで出現させられるとのこと!
これは本当に夢見た世界が創れそうです...

スピーカー

  • 樋口 泰行さん(デザイナー )
  • 渋谷 瞳さん(デザイナー)

イラレやフォトショで作ったデザインがARで楽しめる!!

IllustratorやPhotoshopでつくったロゴやデザインデータを3D化して、 簡単にAeroでARとして読み込むという手順を教えていただきました。

1.ファイルの3D化

Photoshopで3D化してSTLで書き出しというやり方は少し手間...
こちらのサイトを使えばSVGファイルを自動でSTLファイルに書き出してくれます!!!

2.Dimensionの編集

マテリアルからドラッグ&ドロップするだけで色、質感を簡単に変えられる!

3.DimensionからAeroに配置

CCライブラリに保存してAeroによみこむ

簡単に表示されました!!!!

Dimensionを使うとデザインの表現も広がる!

Dimensionでつくったデザインをいろいろ紹介していただきました!

パッケージのモデルの素材は、はじめから色々用意されていますが、使いたいモデルがない場合は、Adobe Stockから購入できます!

Photoshopでつくった3Dオリジナルキャラクターにアニメーションをつける!

Dimensionでは、モデリングはできませんが、Photoshopで簡単な3Dキャラクターならつくれます。

Adobe Mixamoを使って、自分で作ったオリジナルのキャラクターに関節の設定をして、
動きを選べば踊っているくまちゃんがみれます!

Mixamoとは?
高品質な3Dキャラクターやアニメーション制作やカスタマイズを行うことができるwebサービス

感想

3Dというとハードル高かったですが、Dimensionを使うとPhotoshopとIllustratorの延長で簡単に3D表現を取り入れられそうだと思いました。
デザイン表現の幅も広がりそうなので、早速使ってみようと思います!
Aeroは実際にアプリを入れてみて、簡単にARを体験できてARでの表現がとても身近に感じられたのは感動でした!
業務で使うことはまだなさそうな感じですが、、色々試してみたいです!

Neuromagic Labsの新着記事